声優専門学校の事務の求人情報を紹介!必要な条件とは?

声優を目指している方たちの中には、声優としてのレッスンを積んだのに、プロデビューできなかった方もいるでしょう。

そのような場合には、プロデビューを諦めたとしても、声優に関連する仕事に就くという方法もあります。

実際に、声優専門学校では、事務員を求人募集している所があります。

ただし、事務の仕事に就くためには、仕事内容や条件を把握しておく必要があるので詳しく紹介しましょう。

声優専門学校の事務の仕事

声優専門学校の事務の仕事は、他の専門学校と共通しているものが多くあります。

実際に、多くの専門学校では事務の仕事として、データ入力・資料作成・イベント・学生の対応などが必要になるので詳しく解説します。

データ入力

専門学校によって、データ入力の内容に違いはありますが、生徒の出席情報や、カリキュラムの内容などを打ち込んでいきます。

データ入力する際には、パソコンのキーボードを見ながら打っていたら、時間をかけてしまうので、キーボードを見ないでも文字を打ち込めるようになっておかなくてはいけません。

実は、キーボードを見ないでも、打ち込めるようになるソフトは数多くあって『寿司打』というものもあります(練習が必要になるので注意)。

寿司打は、フリーソフトになっている上に、ダウンロードする必要がないので、気軽に練習する事が可能です。

資料作成

資料作成する場合には、データ入力するほどのスピードは要求されませんが、専門学校によっては、グラフの挿入をする事も求められるので、ある程度まで表計算ソフトを利用できるようになっておかなくてはいけません。

声優専門学校で学んでいた方は、発声練習やダンスの練習ばかりしていたかもしれないので、表計算ソフトの操作はできない方も多いでしょう。

そのような場合には、パソコン教室へ短期間でも良いので通ったほうが良いでしょう。

ただし、表計算ソフトの操作法を教えていない所もあるかもしれないので、注意して下さい。

イベント

全ての声優専門学校という訳ではありませんが、一部の学校では様々なイベントを行っている所もあります。

実際に、運動会・海外研修・クリスマスイベントなどを行っていて、事務の方もイベント対応の仕事をしなくてはいけない所もあるのです。

なぜ事務に関係がないような仕事をしなくてはいけないのかと思うかもしれませんが、学校で働く以上は仕方のない事と思ったほうが良いでしょう。

学生の対応

日本には、多くの専門学校があるので、少しでも入学者数を確保したい事もあって、デビュー活動をバックアップしている所が多くあります。

バックアップする際には、担当講師だけでは生徒に対応しきれないので、事務の方も対応する場合もあるのです。

デビュー活動をバックアップする場合には、生徒の能力に合う所を紹介しなければいけないので、データをしっかりと管理する事が重要です。

そのため、声優専門学校の事務で仕事をする際には、様々な仕事をする事は覚悟したほうが良いでしょう。

覚えたほうが良い専用ソフト

声優専門学校の事務は、多くの仕事が『データ入力』や『表計算』なので、いくつか専用ソフトを操作できるようにしたほうが良いです。

そこで『Word(文章作成ソフト)』や『Excel(表計算ソフト)』などについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

Word

WordやExcelは、Microsoftの専用ソフトで、多くの企業が使用しているものです。

そのため、事務の仕事をする際には、Wordを使えなかったら、できる仕事は少ないので注意しなければいけません。

Wordを操作する際には、文章の左寄せ・中央寄せ・右寄せなどをして、文章を配置していく事が重要です。

さらに、重要な文章には色を付ける必要がありますし、文字サイズを調整する事も必要になる場合もあります。

Wordは、それらの操作を行う事ができるので、是非覚えておきましょう。

Excel

Excelは、表計算しやすいように作られているので、最初から『セル』というものが備えられているのです。

セルは、マス目の一つの事で、Excelには多くのセルが存在します。

横方向には、左からA・B・Cと英語が並んでいて、縦方向には上から1・2・3と数字が並んでいます。

そのため、最も左上の部分は『A1セル』となる訳です(マスの外側に英語や数字が表示)。

英語や数字の所に、マウスポインタを合わせれば、セルの縦幅や横幅を簡単に調整する事が可能です。

さらに、表のマス目を付けられるツールも用意されているので、Excelの操作法はそれほど難しいものではありません。

ただし『マクロ機能』というものは、少しプログラムの知識がなかったら扱いづらいので注意して下さい。

声優専門学校の待遇

声優専門学校の事務で働きたい方の多くは『待遇』が気になってしまうでしょう。

それでは、実際に、どのような待遇になっているのか紹介するので確認してみて下さい。

時給制

声優専門学校の多くは、アルバイトに近い形で採用しようとしているので、残念ながら月給制ではなく『時給制』になっている所があります。

時給制であれば、働いた分だけ報酬が貰えるので、良いイメージを抱いてしまう方はいるかもしれませんが、祝日や休日が多い月では給料が大きく減ってしまうので注意しなければいけません。

そのため、時給制で働く場合には、GW・お盆・お正月などは給料が安くなってしまう事は覚悟したほうが良いです。

保証されない月収

声優専門学校で、事務員を募集している所では、時給制であっても、月収を紹介している所があります。

しかし、月収の近くには『月収例は一例であり保証するものではありません』と記載されているのが実情です。

これは、どういう事かと言えば残業時間や出勤日数の違いによって、月収が大きく変わってしまう事を意味しているので、月収例を鵜呑みにしないほうが良いでしょう。

声優専門学校を選ぶ際のポイント

声優専門学校の事務で働きたい場合には、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しないで働き始めたら、途中で辛く感じてしまうので詳しく紹介しましょう。

採用条件

声優専門学校だけという事ではありませんが、学校によっては『未経験者でも可』としている所もあれば『経験者募集』としている所もあります。

経験者募集の所に働き始めて、実は事務の仕事をしていなかった場合には、事務の仕事ができて当然と思われてしまうので、注意しなければいけません。

働き始めてから、経験者を募集していた事に気付いても遅いので気を付けて下さい。

最悪のケースでは、周囲の方たちから経歴を詐称したと疑われかねないので気を付けましょう。

公共交通

働く際には、公共交通を利用できるのか調べておく事が重要です。

実際に、公共交通を利用する事が難しい所で働こうとしたら、通勤に時間をかけてしまうので、注意しなければいけません。

事務の仕事にもよりますが、家に帰ってから仕事をしたい場合でも、駅やバス停から遠い所に学校がある場合には、書類を運ぶ時に辛い思いをしてしまいます。

そのため、可能であれば駅やバス停の近くにある学校を選んだほうが良いです。

まとめ

声優専門学校は、イベントを行なっている所もあれば、生徒のプロデビューをバックアップしている所もあるので、事務員の仕事量が多くなっている場合があります。

事務の仕事をする場合には、専用ソフトの操作法を覚えておく必要があるので、事前に勉強しておいたほうが良いでしょう。

そして事務の仕事は、楽ではありませんが、声優に関連する仕事をする事ができるので、声優のレッスンをしてきた方にとって魅力的な仕事と言えるでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

http://typingx0.net/sushida/play.html
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel/cell_ido.htm
https://haken.rikunabi.com/T/0194279039_199705N.html
https://hb.en-japan.com/w_27639170/