学費の安い声優専門学校を学ぶメリットや抑えるべきポイントを紹介!

プロの声優を目指している方たちの中には、専門学校でスキルを習得してみたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、数多くある声優専門学校の中には、学費が300万円近くにもなる学校もあるので注意しなければいけません。

そこで、学費が安くなっている声優専門学校を学ぶメリットや抑えるべきポイントを紹介しましょう。

それが分かれば、学費が安い所で学ぶ事がいかに重要であるか分かるはずです。

声優専門学校の学費の種類

声優専門学校の学費は、様々な種類があって、その中でも注目すべき学費が、授業料・教材費・入学金・設備費・研修旅行費などです。

これらの学費は、多くの学校で必要になるので、どのような時に必要になるのか詳しく解説しましょう。

授業料

授業料とは、名前の通りで、授業でスキルを教える時に必要なお金の事です。

実は、声優専門学校の学費の大半は授業料が占めているので、注意しなければいけません。

実際に、年間の授業料だけでも、30~150万円にもなります。

もし、授業料を注目しないで入学しようとしたら、思ったよりも学費で出費する事になってしまって、驚く事になってしまいます。

学費は少し高くなっているので、多すぎではないかと思ってしまうかもしれませんが、多くの機材や人件費をかけてしまうので仕方のない所と言えるでしょう。

教材費&入学金

教材費や入会金は、授業料とは違って、それほど学費は高くないので、注意する必要はないでしょう。

実際に、教材費は1万円以下になっている所がありますし、入学金は1~10万円程度になっています。

ただし、学校によっては、10万円近くまで違いがるので、少しでも学費が安くなっている所を探している場合には注目してみるのも悪くはありません。

ただし、教材費や入学金ばかりに注目していたら、学びづらい所に入学してしまう可能性もあるので注意して下さい。

設備費&研修旅行費

設備費や研修旅行費などは、必要になる学校もあれば、必要ではない学校もあります。

仮に必要であっても、研修旅行費は3~5万円になっている所が多いので、それほど高くはありません。

ただし、注意しなければいけないのが、設備費です。

実は、設備費が半期分だけでも、30万円近くにもなる専門学校もあるので、学費を少しでも安くしたい場合には設備費が安い所がおすすめです。

学費が安い専門学校で学ぶメリット

学費が安い専門学校は、設備やカリキュラムが充実していないように、思うかもしれません。

しかし、学費が安い所で学ぶ場合には、いくつものメリットを得る事ができるので詳しく解説します。

周囲から理解されやすい

声優になってみたいと思っても、家族の方から「アニメ関連の仕事に就ける訳がない」と反対されてしまうケースは多くあります。

実際に、兄弟が声優を目指す事によって、他の兄弟にあまりお金をかけられなくなって、家族の仲が悪くなってしまったケースもあるので注意しなければいけません。

ところが、学費の安い専門学校であれば、プロデビューできる可能性が低くても、家族の方も「専門学校へ通うぐらいであれば良いのではないか」と賛同してくれる可能性が高まります。

トレニーング費用を捻出

声優の専門学校に入学できたとしても、プロデビューできるとは限りません。

実際に、プロデビューできる卒業生もいれば、プロデビューできなくて全く関係のない一般企業へ就職してしまう卒業生がいるのも事実です。

そのため、声優専門学校へ入学できたとしても、日頃からカラオケに行ってボイストレーニングや歌の練習をする事も重要です。

しかし、そのためにはお金が必要になるので、学費の安い専門学校へ通って、トレーニング費用を捻出するメリットは大きいと言えるでしょう。

声優専門学校を選ぶ際のポイント

学費の安さばかりに注目していたら、イメージしたような所と違ってしまう可能性があります。

そこで、学費の他にも押さえておくべきポイントを紹介するので参考にしてみて下さい。

カリキュラムの内容

声優専門学校を選ぶ際には、特に『カリキュラム』を重視しなくてはいけません。

なぜなら、学校によっては、声の吹き込みだけではなく、ダンス・アニメソング・演劇などを教えている所もあります。

最近の声優は、様々な仕事をする事もあるので、あなたが声の吹き込みの他にも行いたい仕事がある場合には、自分の好みに合うカリキュラムを用意している専門学校を選ぶ事が重要です。

さらに、基礎的なスキルから指導している所もあれば、実践的なスキルから教えている所もあるので、自分の実力に合いそうな所を選ぶようにしましょう。

学びやすい環境

学費と少し共通している所もありますが、学びやすい環境になっている所を選ぶのも重要なポイントになります。

実際に、実家から離れている所を選んでしまえば、通学時間をかけてしまう上に、通学費もかけてしまうのです。

そのような事になれば、親が入学する事を認めてくれないケースがありますし、認めてもらえても練習時間を確保する事が難しいケースもあります。

そのため、可能であれば、自宅から近い専門学校を選ぶか、学生寮を用意している所を選んだほうが良いです。

学費が安い声優専門学校

学費が安い声優専門学校で学ぶメリットを理解できてもらえた所で、次に学費が安くなっている3校を紹介するので、参考にしてみて下さい(学費の情報は2019年時点の情報なので注意)。

東京アニメーター学院専門学校

『東京アニメーター学院専門学校』は、学費が190万円程度になっているので、多くの方たちが入学しやすい所です。

本校では、1年次に声優基礎・身体基礎・演技基礎などの基礎的なスキルを習得できるように指導しているので、今まで声優としてのレッスンを積んでこなかった方でもプロデビューを目指す事ができます。

実際に、発声・発音・アクセントなどを徹底的に学んでいくので、滑舌の良い声の吹き込み方ができるようになるので、プロの声優として活躍できる可能性は高いです。

専門学校デジタルアーツ東京

『専門学校デジタルアーツ東京』の声優専攻では、基礎的なスキルを習得できるように指導している所は、東京アニメーター学院専門学校と同じです。

ところが、本校(専門学校デジタルアーツ東京)では、声域と声量を広げられる上に、ダンスなども指導しているのです。

カリキュラムでは、アニメアフレコ・ダンス&ステージング・朗読だけではなく『殺陣』や『パントマイム』などのユニークな指導も行っています。

そのため、様々なスキルを習得したい場合には学んでみる価値があります。

専門学校 東京声優アカデミー

『専門学校 東京声優アカデミー』では、TSA独自のカリキュラムを用意していて、生徒の希望に合うように『選択専科科目』が用意されています。

実際に、声優専門学校の中には、自分の好みに合う科目を選べないケースもあるので、科目を選びやすくなっているのは魅力的なポイントです。

さらにオーディションに合格できるように、実践的なカリキュラムも用意されているので、デビュー活動する際には自信を持って取り組む事ができるでしょう。

まとめ

声優専門学校を選ぶ際には、学費が安くなっている所を選べば、家族の方から理解されやすいですし、トレーニング費用を捻出する事も可能です。

しかし、学費ばかりに注目していたら、自分が学びたいと思える所で、学習できないので注意しなければいけません。

そのような注意点はありますが、学費が安くなっている上に、好みの合う学校に入学できたら、プロデビューできる可能性は高まるでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://声優になりたい委員会.net/tuition/
http://www.pac-ac.jp/top.html
https://www.neec.ac.jp/department/creators/actor/tuition/
https://tag.o-hara.ac.jp/department/voice-actor/
https://www.dat.ac.jp/course/voice/
https://tmaa.ac.jp/department-information/