声優の専門学校と養成所、どこが違うの?どっちにしたらいいか知りたい!

声優になりたいという希望、今の若い人には多いですね。

若い人だけでなく、すでに仕事についている人でも夢は捨てていないという人もいます。

でも個人で声優デビューは流石に難しいものです。

よほどのつてがない限り、デビューは果たせませんし独学にも限界というものがあります。

では専門学校にと思った時、それって養成所とどう違うのと言う疑問も湧いてきますね。

声優になりたいと言う場合に出来ること

声優をやりたい、声優として活躍したいという場合、まずは基本の勉強をしなくてはなりません。

アニメや海外ドラマを見ていると、楽々と自然に声を当てているように感じますので、これなら誰でも出来るなと思ってしまいがちです。

しかしそれは、その声を担当している声優さんの技というものです。

頑張って声を当てているというような、もしくは滑舌があまり良くなくてセリフの聞き取りがちょっと、は素人のすることです。

楽々と自然に、わざとらしくもなく演技してしかも口パクに合わせられるというのが、これが声優としての演技です。

楽に見えるというのはその声優さんの演技や当て方の上手さが、そう見せさせるのですね。

なので実は、これ大変な技術が必要なのです。

大変なことに見せないように当てるのが、声優の仕事なのです。

この技術と演技、まずは学ばなくてはなりません。

声優になるために出来ることは

声優になるのに独学以外でとなった場合、これいくつかの方法があります。

専門学校に行くか養成所で学ぶか、または通信教育とか劇団に入ってなどがメジャーです。

今では大学でも声優科を設けているところもありますが、まだ数も少なく実績も豊富とは言えません。

代表格はやはり、専門学校か養成所ということになります。

通信教育では限界があり、対面での授業ができないのが欠点です。

すでに仕事を持っていて、でも夢は捨てないという人などには、時間の制限なしに受けられますので、そういった場合に利用してみるのはおすすめです。

劇団の場合はまず、声優を育てる専門の場所ではないということを、覚えておいてください。

その昔まだ、声優という仕事が確立していなかった頃は、劇団の俳優さんが頼まれて声を当てていたものです。

しかし今ではそういったこともあまりありません。

タレント養成所を兼ねた劇団ならともかく、いわゆる普通の劇団の場合はいささか、と言ったところですね。

となると自然、専門学校か養成所、ということになります。

声優の専門学校と養成所ってどんな感じ

ではまずこの2つの大まかな違いについて見ておきましょう。

声優の専門学校とは

読んで字の通り、声優を育てるための学校です。

メインは全日制の授業で、普通の学校と同じようにかなり綿密なカリキュラムが組まれています。

規模も大きいところが多く、大手の専門学校の場合施設も充実しています。

学校内にスタジオなども作られていて、実技の指導もしっかりと行われます。

演技や発声に基礎についてもしっかりと授業に組まれていますので、演技の経験のない人でも一から勉強ができます。

学校によっては夜間部が併設されているところもありますので、全日での毎日の授業が大変だという人は、夜間部での入学も可能です。

声優の養成所とは

多くが声優を抱える事務所に併設されています。

自社デビューさせるのに、自分の事務所付属の養成所で育ててしまおうというわけですね。

また有名声優や俳優が、自分で行っている小規模な養成所もあります。

専門学校に比べるとどうしても、設備の面度では劣りますが、授業のレベルは高いと言っていいでしょう。

即戦力を求めている事務所などですから、できるだけ入学時にすでにある程度のレベルに達している人材が、ほしいということです。

なのでオーディションなどを行っている養成所もありますので、素人だとちょっと敷居が高いかも知れません。

専門学校と養成所を比較してみる

ではこの2種類、どのように違うのか比較してみましょう。

施設や規模は

これについてはやはり、養成所よりも専門学校のほうが大規模になります。

大手の専門学校の場合、スタジオは勿論演技などの実習に使うスペースも充分に取ってあります。

養成所だとどうしても、そこまでの施設は用意できないのが事実です。

入学に関しての縛りは

専門学校の場合、言い方は悪いですが来るもの拒まずです。

定員に達したらそこで募集終了になりますが、その他には縛りと言えば年齢くらいですね。

大方の学校の場合、中学卒業で受け入れてくれますが、一部の学校は高校卒業を条件にしています。

一方の養成所の場合、こちらは門が狭い場合が多いです。

入所のためのオーディションが必要なところもあります。

また少人数制なのでどうしても、受入人数に限界があります。

門が広いのが専門学校、いささか狭いのが養成所と言うことです。

授業の内容は

専門学校の場合、特に全日制は演技の初級から始めてくれます。

なので完全な素人でも、何とか頑張ることが可能です。

しかしすでに演技の経験などある人の場合は、ちょっと物足りなく感じるかも知れません。

養成所の場合はすでに経験がある程度ある、と言うのが入所条件にもなっていますので、授業は最初から専門的なもので行われます。

即戦力になれるように、実践的な授業内容で進められますので、経験者にはこちらのほうがおすすめですね。

授業料などかかるお金は

専門学校の場合、全日制は完全に学校という形になっています。

義務教育ではない学校です。

つまり、それなりに授業料は高いです。

夜間部や、週の半分くらいの授業のクラスを選択すればそれなりに、お金も少しはかからなくなります。

養成所の場合、こちらも全日制システムを取っているところもあります。

ただ施設費などの関係か、比較的授業料は専門学校よりも低めです。

卒業後履歴書に記載できる

専門学校の場合、学校法人の認可を受けているところなら、在学中学割なども効きます。

そして卒業後、何かの際の履歴書に学歴として記載することも出来ます。

養成所の方は、正式な学歴として記載はできませんが、声優や芝居関係で離席書が必要になった場合、別記載することは出来ますね。

幅広く活躍したいのかそれとも

専門学校と養成所の最も大きな違いは、この点です。

専門学校の場合、卒業後の縛りはありません。

どこのオーディションを受けることも出来ますし、在学当時からオーディション対策も授業で行ってくれます。

またイベントなどの時に、プロダクションのスカウトが来ることもあるので、そういったチャンスも見逃せません。

ただし卒業後の未来は、自由な分自分で勝ち取るしか無いということですね。

一方の養成所の場合、基本的に卒業後はその事務所の所属になります。

全員がというわけでは勿論無いですが、一応卒業後の仕事についてはある程度の保証があるようなものです。

なのでもし、その事務所に憧れの声優が所属しているとか、その事務所での仕事が好きなアニメやドラマの物が多ければ、その養成所をおすすめします。

卒業後の未来を決められているようでちょっと、と言う人には勿論向きません。

しかしその事務所に所属したいという意思があれば、養成所からのスタートがいいですね。

まとめ

声優になりたくて道を探している場合、養成所か専門学校への入学入所が最もおすすめの方法になります。

しかしどちらを選ぶかは、自分の現状から選択するしかありません。

そのためにできるだけ、この2つの違いを頭に入れておく必要があります。

専門学校や養成所では対外的なイベントを開催、学校オープンデイなども受けているところもあります。

見解句で切る場合はできるだけ、見学してみて感覚を掴むのがおすすめになります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://ha.athuman.com/pa/column/clp-pa-77.php?gclid=CjwKCAjw8e7mBRBsEiwAPVxxiOigLoY05qnODAoGLcEbE2aF6p73GB6igX53cfK_mEzg4fuwfVdMGRoCg44QAvD_BwE
https://xn--n8jtc6ad0nv19pp9cstj8xjljc.net/difference/